青サギ

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:22
今朝、母校のキャンパスにてビックリ!驚き。
前方にいるのは『青サギ』です。
屋上に舞い降りている。



もちろん、カメラを取り出します。
ズーム!
カメラでパシャ!パシャ!



こちらが場所を変えても、まだ居ます。
窓から見える青サギの羽根色。
距離が近い!



絶好の被写体なり。
カメラをパシャ!パシャ!
美しいフォルムです。



学棟の屋上で30分以上も休息して、バサッ!バサッ!と大きな翼を広げて飛び立っていきました。

おてんばメイちゃん

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 22:35
メイちゃんの可愛い写真が猫カフェさんより届きました。
もう!可愛いすぎて、可愛いすぎて。
それにしても、自由気ままなおてんばさんのようです。



この表情は最高傑作!!
期待を裏切りませんねぇ。
超、面白すぎる。
眠っている時は天使なのだそうですが、それはそれでこれもキュート!

このように、ニャンコ様に振り回されるのが楽しいのよ。

かじっているのは造り物なのでご安心を〜!
どんどん大きくなってや。

メイちゃんへのエール

  • 2019.05.16 Thursday
  • 20:50
今日、メイちゃんがいた場所に行ってきました。
あぁ・・ここやったんや。
いつもコンデジカメラを携帯しているとは言えど(仔猫を見た)とっさの時は人間力の行動が勝り、カメラを構えるなど余裕はありませんでした。
カメラの機能は写したい状況の時だけを捉えるものなのでしょうね。
静かな時間・・改めてその日の状況を振り返ります。
「あの時の仔猫は、今、幸せに暮らしていますよ!」と、その場所に報告。

そして、メイちゃんが辿ってきた経緯をお知らせする為に飼い主さんへメールをしたためました。
つまり、メイちゃんへのエール!

以下、メールの全文(固有名称は略、写真も減)です。
このメールを猫カフェさんより転送して頂きました。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

メイちゃんの飼い主さまへ

メイちゃんを愛情いっぱいで迎えて頂きありがとうございました。
メイちゃんはラッキーキャットです!
本日、メイちゃんを保護した場所へ行ってきました。



木曜日になっても日曜日のままで懐かしい!
その日、メイちゃんが鳴いていた場所には誰かが置いていた (少し時間の経った)ちゅーるが食べた様子もなくありました。
今もそのちゅーる の形跡が残っています。
写真をご覧下さい。



メイちゃんを保護した場所は江坂にある○○神社の参道脇の 茶色いマンションの入口です。
入口の角っこで丸くなって必死で鳴いていました。

仔猫が鳴いていると教えてくれたのは、若い島木譲二さんタイプの 男性で「ネコ好きな人おらんか、仔猫がおるねん」と横断歩道の ところで声をかけてきたのです。
どうしようかな〜と戸惑いながらも、仔猫を見るや「どうにかなる!」と 仔猫を持ち上げました。
その時、素直に抱っこさせてくれたのでメイちゃんは良い仔猫です。

当日は、町内会で行った江坂散策の終盤でしたので、解散後直ぐに ○○(江坂の次の駅)で下車して○○(猫カフェ)さんへ駆け込んだ次第です。

鳴いているニャンコを保護したのは今回が2回目で、4年前に保護した 1回目の仔猫は我が家におります。
また、先住猫も1匹いますので、優しい○○(猫カフェ)さんを頼りに いたしました。
このような経緯です。

そして、奇跡のような出会い!!
幸せのリレーが繋がったと、うれしさいっぱいです。

メイちゃんを保護した時に住宅地の中から「ニャーニャー」と親猫? 兄妹猫?の鳴き声がしていましたが「メイちゃんは幸せですよ!」と 伝えたい気持ちです。

これからメイちゃんと楽しい日々を満喫して下さいね。
ありがとうございました。

命名はメイ

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 21:22
猫カフェさんでの写真展が初日ということもあってランチがてら行ってきました。
何よりあの仔ニャンコのその後が気になって気になっていたからです。

オーナーさんから「昨日メールしたよ」とのこと。
おっ!!写真が届いていた。
可愛い!可愛い!
スヤスヤ眠って、幸せそうや〜!



やっぱりあの若いカップルが仔ニャンコをその日に連れて帰ってくれたそうです。
連れて帰ってもらった翌日には、獣医さんで診てもらって何の問題もなかったとのこと。
ますます良かった!良かった!

そして!!仔ニャンコはメイちゃんと名付けられていました。
ぴったりの可愛い名前!
5月に飼い主さんと出会ったから『メイちゃん』なのでしょう。
ま、保護した時にはメイちゃんのことを勝手にリリーさんと呼びながら歩いていましたけどね。

メイちゃん、飼い主さんと幸せになってや!

オーナーさんとメイちゃんを保護した時の思い出話になり、「仔猫がいるよ」と声をかけてくれたあの時のイカツイ?おじさんは心優しかったのだ!と微笑ましくなりました。
「猫に興味のない人には(猫が見えていても)見えないんよ」とのオーナーさんの言葉が突き刺さります。
まぁ、人それぞれですが人間と同じ生き物なのですから存在はやっぱり守りたい。

疾風(はやて)のようにメイちゃんの飼い主になってくれた若者よ!ありがとうございました。

仔ネコ騒動記

  • 2019.05.12 Sunday
  • 22:22
今日は母の日ですね。
お昼に集合〜!ということで、ご近所公民館の方々と『江坂界隈の散策』に行ってまいりました。
先ず、ダスキン本社の2階テラスにある岡本太郎作の壁画『見つめあう愛』を見に行きます。



でっかい!
大きさは、高さ8m横4.5m(880ピース)。
岡本太郎さんの作品は江坂という場所と縁があるようです。
次に向かったのは豊津公園にある『リオちゃん』



かつて賑やかに営業していたレストラン『カーニバルプラザ』のトレードマークとして親しまれていました。
カーニバルプラザが終了した後、一時的にどこかの駐車場に置かれていたこともあったような。
そして、リオちゃんは元いた場所である江坂に戻ってきました。
良かったなぁ!

そして、江坂界隈をブラブラ散策。
三時間の行程も終わりになる頃、ガタイの良いスキンヘッドのおじさんから「ネコ好き?誰かネコどう?そこに仔猫がおるねん」と声をかけられたのです。
どうしよう・・と思いながらも、グイっと背中を押したのは、昨日のテレビ番組で動物保護に頑張っている宮古島の女性の姿勢でした。

あぁ、仔猫がマンションの入り口で必死でないている。
どうにかなる!
そうして、こうなったのです〜!



素直に抱っこさせてくれました。
可愛いくて!可愛いくて!
離さないようにがっちりホールドして歩き出しました。
あれ?住宅地のどこかで「ニャーニャー」と何かを探しているような鳴き声がします。
親猫?
兄妹猫?
でも、今さら地面(外の世界)に戻すわけにはいきません。

そして、そして、仔猫と一緒に向かった先はお馴染みの猫カフェさんでした。
ドアを開けるなり、オーナーさんもスタッフさんもビックリ!ビックリ!

おやっ!!猫ブースにいる若いカップルがこっち(もちろん仔猫)に目をやっています。
早速、仔ニャンコを連れて行きました。



オーナーさんが出してきてくれたキャリーに入っている仔ニャンコ。
綺麗な毛並み、ノミは見当たりませんでした。

若いカップルは仔ニャンコから目を離さない状況です。
「どう?連れて帰って!」とプッシュ〜!!
早速、男性の方がどこかに電話しています。
内心やったぁ!
そして、半年で何キロ?とかオーナーさんに質問しています。

そして、そして、女性の方が「今晩は私が預かって、明日からは○○ちゃんのとこやね」とか既に打ち合わせ済み!!
○○ちゃんという男性も「うちは猫の鳴き声が聞こえないような壁の厚さ」とか呟いています。
このカップルは誠実そうで、実に感じ良い!
今日初めて猫カフェにやってきたお客さんらしいのですが、もの凄い急展開になってきました。
終始、彼の方が仔ニャンコを抱っこしていて、何が何でも可愛がる!という『恋している』姿になっていました。

猫ホリックの世界へようこそ!
お猫さまに仕える日々になることでしょう。

この後は、彼らとオーナーさんに託して手を振って帰路につきました。
本日は、仔ネコ騒動記なり!

ご即位の記帳

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 22:11
今日から明日まで、大阪府庁にて天皇陛下ご即位の記帳所が設けられております。
早速、近所のお姉さま友人を誘って行ってまいりました。
ルンルン!



先日の知事選で新たに吉村知事が誕生した大阪府庁です。
府庁本館の真正面には堂々たる風格の大阪城。



長い歴史を感じる場所でございます。
さて、府庁本館入り口に記帳所がありました。



ひっそりとした空気が広がっています。
告知不足なのかな・・意外に混んでいない。
連休明けた今頃からって、大阪はゆっくりかもしれません。



氏名の下に市町村名のみを記入するのです。
あら、大阪以外の方もいらっしゃいました。
そして、その記帳は宮内庁に届けられ保管されるとか。

新天皇のご即位をお祝いして心を込めて記帳させて頂きました。
はて、綺麗な字が書けましたでしょうか!?
いや、まぁ、いつものような冗談っぽい文字しか書くことが出来ませんでしたけどね・・!!
でも、どこか清々しく新たかな気分になるものです。

大阪にて皇室を思う。
佳き記念の日になりました。

令和スタート

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 17:07
奉祝!
第126代の天皇陛下が即位されました。
HAPPY NEW ERA!
新元号『 令和 』の始まりです。

そして、今日は幸せを願ってスズランの花を贈る日でもあります。

我が宅のスズランは咲いているかな。
一輪!一輪!ひっそりと咲いていました。

スズランを令和に贈ります。



令和の時代に「幸せあれ!」
優しいなぁ、令和という語感は実に平安で雅(みやび)でございます。

令和を記念してこのようなお菓子も登場しました。



ローソン限定の令和元年5月1日カルビーポテトチップスです。

価格は、1年5月1日にちなんで151円なり!

今日から2月

  • 2019.02.01 Friday
  • 22:00
今日から2月。
如月(きさらぎ)朔日(ついたち)です。
如月の語源を観ながら、京都へ向かう。



今日は、母校同窓会の事務室で過ごします。
先輩からチョコレートのプレゼントを頂きました。
あぁ、穏やかな佳き日なり!

新春の集い

  • 2019.01.27 Sunday
  • 23:45
今宵は足立康史衆議院議員を囲む『新春の集い』に参加してきました。
昨年に続いての出席です。

熱血!足立衆議員の人柄に魅せられた方々で大賑わい。
元気で楽しい集まりとなります。
もちろん!日本維新の会を支持している方々ばかりで、どこか・・何か・・前向きな改革を求めて集まっている皆さんです。

おや!!(池田市の)大阪府議選に立候補して岩壁のような厳しい選挙戦に挑む維新の会の新人もいました。
思わず、激励の言葉が出てしまいます。
「頑張れ!頑張れ!」

足立衆議が各テーブルを回ってくると、 記念撮影が始まります。
足立衆議の選挙区ではないものの、応援しているご近所さん(去年も同じ席になりました)と集合写真。


(画像の色合いを暖かく変えてみました)

いつもなら出会えない方々とのおしゃべりも楽しめます。
良きご縁に感謝!

それにしても、向かいの席に座られていた大阪市内からいらっしゃった女性のお話にビックリ!
(お寺を持たない)僧侶の方が人集めをしていると聞いて参加してみると、沖縄の座り込みの人集めだったとか!
何やそれ。
ハァ・・訳わからんわ。

南海トラフ地震の話・3

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 20:40
ついに講演のテーマになっている南海トラフ地震の解説が始まりました。

が!その前に、そもそも『南海トラフの地震』とは?から。
南海トラフ地震はフィリピン海プレートとアムールプレートとの境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いが震源域で、約90〜150年の間隔で発生し、東海地震・東南海地震・南海地震の震源域が時間をおかず同時に連動する海溝型地震です。
『同時性』と『連動性』による最大クラスの巨大地震であります。

『関西における南海地震のリスク』
ワァ!地震と津波の現実を知る。
大きな揺れから十分以内に襲ってくる10m以上の津波の恐怖。
逃げる時間がないのか!!
その巨大地震が発生する周期予想が2050年、その誤差内のカウントダウンが既に始まっている状況なのです。



過去のデータによる南海トラフ地震。
○ 1707年 宝永地震
○ 1854年 安政地震
○ 1944年・1946年 昭和の地震
そして・・この次の周期へ。

次回、確実に起こる南海トラフ地震は三連動!!そして、約300年前に起こった『宝永地震』を越える規模であるとデータが実証しているそうです。
また!その宝永地震の49日後には富士山が噴火しました。
となると、次回の南海トラフ地震では富士山が噴火するリスクがあるとな。

いつになるかわかりませんが、近い将来の南海トラフ巨大地震は東海・東南海・南海の三連動で起こり、富士山への影響もないと言い切れません。

避けようのない天災に非力な人間は身を守る対策しかありませんね。
家にいる時、身の回りはシンプルであること!!
落ちるもの、倒れるもの、危険なり。

勉強になった講演を終えて、地元の餅つきイベントに寄りました。
きな粉餅やぜんざいに舌鼓!
人と人との助け合いで地震は乗り切れる。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM