お友だちニャンコ

  • 2018.10.14 Sunday
  • 22:10
自転車置き場を変えてから、白黒ニャンコと仲良くなっています。
出会いは今年の寒い2月の夕暮れ。

「ニャー」と声をかけてくれたのです。
可愛いったらありゃしない!!
可愛くて、可愛くて、もう仕方ない。

ただ、顔なじみのあたくし以外にはひじょ〜に警戒心を持っているのです。

本当に可愛い!!
あぁ、猫バカよ。



これで可愛くないとは言わせない。

耳がサクラの花びらのようにカットされた地域ネコです。
ネット柵の下を出入りしているので、ブロックの上には白い毛がついていました。

これからも仲良くしようね〜!!

初代ゴジラ

  • 2018.10.11 Thursday
  • 23:10
先日、山下達郎(さん)のライブを間近で堪能することができて大満足でした!
やはり、ステージとの距離は近い方が共有感を得られます。

ステージよりやや下手で2列目の好ポジション。
新生フェスティバルホールはステージがさほど高くないような造作です。
そのおかげで、ステージ上の楽器や機材の配置が良く見えました。

そして!!何より気になったのは達郎(さん)の後ろ左右の足元に置かれていた2つの大きめな『ゴジラ』
1つは『初代ゴジラ』でしょうね。
意外とチャーミング!
もう1つは『シンゴジラ』だと思われました。
何の演出!?
何のおまじない!?
もう、マスコットのゴジラが気になって!気になって!

そして・・・フィギュアのゴジラたちは最後までその位置で鎮座したままでした。

ハテ?サテ?
おっ、ネット情報で謎が解けました。
達郎(さん)がゴジラ好きであるのだということ。
かねてより、ステージ上のゴジラは有名な存在だったようです。

それからというもの、ゴジラが気になって!気になって!

ついにソフトビニールの小さな(高さ15cm)初代ゴジラを買ってしまったのです。



眺めながら「かっこいい!」
なかなかの存在感でございます。
いやぁ、満足じゃ、満足じゃ〜!
思えば、60数年前にこのような迫力ある怪獣が生み出されていたとは・・・!!
当時の日本人の感性に大いに感動しています。
素晴らしい功績なり!!

6つの『C』

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 23:11
すごいですね。
昨日、日本人研究者である本庶佑(ほんじょたすく)博士がノーベル生理学・医学賞を受賞!
免疫機能を利用してガン細胞に対抗する『オプシーボ』の生みの親です。
早速、テレビのワイドショーは大賑わい。

本庶先生の研究姿勢までをも紹介しています。



『6つのC』ですか!
基礎研究には、なくてはならない努力。
天才には天才にしか見えていない光景があるのでしょう。

この凡才は感謝と敬意を払うのみ。
世の天才たちに益々期待いたします。

さて、今日受信したメールの中に「公演当日のご入場方法に関する注意事項」なるものがありました。
山下達郎(さん)のライブがそろそろなの?
・・・・まったく自覚がありません。
「そういえば、先日、コンビニでチケットを発券したなぁ」
チケットを取り出して、見てみるとライブは明日やっ!!
そして、座席番号を見てみるとビックリ!ドッキリ!ヘェェ!かなりの超良席!!
ファンクラブにも入らずに、先行販売だけですごい席。
ライブに通うと、こういうラッキーが起こるんですなぁ。

今回のツアーは二回目ですが、明日はじっくりたっぷりと幸運を味わっておくことにしま〜す!

台風が去って

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 23:45
うなる風、うねる風、台風21号は思いっきり暴れまくって去っていきました。
ボロボロになった街の景色。



自転車置場の屋根がない!?
ワァ、めくれ上がっていたのです。

何とまぁ!ここは。
ご近所のカーポートも悲惨なことになっていました。



風に押しつぶされています。
まるで、怪物が踏んづけていったような・・!?
確かに・・・あの台風は怒ったような容赦ない怪物でした。

日本は安全で平和な国なのに、次から次に災害で苦しめられるとは。
平成は混沌でしたね。
まぁ、もうすぐ終わりますが。

そんな無情な思いを抱えたまま、夜、ビルボード大阪へ!!
いざ!気分を変えて。

今宵は、小坂忠さん『HORO』ライブ!!です。
元職場の同期がチケット獲得に尽力してくれたのでした。



名盤であるアルバム『HORO』の曲順をそのまま辿っていくライブ!!
サポートメンバーも極悦至極!
小原礼さん、鈴木茂さん、Dr.kyOnさん。
客席にはリクオさん、中村耕一さん。

いやぁ、気分最高のライブでした。
忠さん素敵!かっこ良かった!
先月(24日)ライブに行った山下達郎名人とは、また違った熟年の魅力です。
山下達郎名人はご本人も認める通りの『とっちゃん坊や』!?
忠さんはダンディーなシンガー!!
かっこ良いたらありゃしない。

11月には、大阪のライブハウスでシークレット(?)ライブ!!
今から楽しみ〜!
このライブ開催にも元職場の同期が尽力してくれました。
ありがとう!

台風真っ只中

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 14:23
大阪北部、すごい風雨です。
風の音が不気味な轟音。
建物が風で揺れる・・・!

先日の地震で被害を受けたご近所の屋根のブルーシートが風に翻弄されています。
瓦が飛ばされている音もする。







クワバラ!!クワバラ!!
台風21号よ、もう満喫した。
早く過ぎ去らんかい!!!!



ワオッ、室外機もこうなりました。

五山の送り火

  • 2018.08.16 Thursday
  • 22:00
今宵は京都の『五山の送り火』でした。
お盆行事のハイライト。

外出先で雨上がりを待って帰宅しますと、もう最後の『鳥居形』
テレビから眺める送り火も美しいものでした。



鳥居形の送り火は、松ヤニが入った松の木が使われているために他の山とは違うオレンジに近い色だそうです。
綺麗な火の色を出すことが地元の方々の志(こころざし)とか。
伝統を守るために今年も頑張っていらっしゃいます。
敬意ですね!

そして、今年のトピックとして『十山の送り火』が紹介されていました。



明治以前には、現在の五山の他に『い』『一』『竿に鈴』『蛇』『長刀』が存在していたそうです。
ただ、その場所は今でも断定できていないらしい。
明治になってから150年。
研究者により解明されてきているものの、未だに謎のままというのもミステリーです。

さて、ご先祖さまの御霊は無事にお戻りになられたでしょうか。
また来年!合掌。

さてと、さてと、今夏は地震・大雨・酷暑・台風と踏んだり蹴ったりでした。
やれ、やれ。
かなり気分が低空飛行です。

これまで撮りだめていたせっかくの写真も手付かずのまま。
ぼちぼち遡ってアップしていくことにいたします。

写真はあくまでも『記録』
その時、その時の切り取りでしかございません。
写真に技術やセンスが必要であっても、芸術的な評価というのは違う気がします。
その時はどういう景色だったのか・・・写真という時間を並べていきたいと思っています。

大地震

  • 2018.06.18 Monday
  • 08:39
よう揺れましたわ〜!

突然、大きな地震でしたぁ〜!
震源地らしい・・・家の中グチャグチャ。

生い茂る裏庭はこんな感じ。
ブロック塀が南側に倒れています。
お隣もグチャグチャらしい。



でも、ライフラインは大丈夫!!
驚いたのはキャスター付きの大きめの家具。
上に乗る小さな瓶一つ落ちていません。
あら、窓ガラスが1枚ヒビ入ってます。
猫は避難。
しかし、大きな被害なし!!

五月山動物園

  • 2018.05.06 Sunday
  • 22:18
ゴールデンウィーク、最終日。
池田市にある五月山(さつきやま)動物園に行ってきました。
入り口前では、池田市のオリジナルフードである『池カラ』が販売されています。



池カラとは地元発祥のチキンラーメンを衣にした唐揚げのことです。
美味しそう〜!

さて、ポップでカラフルな門をくぐります。



素通りでオッケー!
つまりのところ、タダ!入園料は不要なのです。

池田市立五月山動物園は、日本動物園水族館協会に加盟している動物園の中で2番目に小さいとのこと。
ところが、ところが、友好姉妹都市ローンセストン(オーストラリアタスマニア州)から贈られた『ウォンバット』が飼育されていることで超有名な動物園なのでございます。

タスマニア州にちなんで『タスマニア広場』がありました。



タスマニアにいる動物たちがいるスペースです。

おやっ!?ワラビーのような壁面。
キュートな遊び心に和みますね。



ワラビーのいるスペースでした。

おっと、こんな愛嬌たっぷりの飼育棟もあります。



可愛いおもてなしを感じますね。

昨年の秋にオーストラリアからやってきた新入りウォンバットとご対面できた!?

それにしても、色んな動物があちらこちらにおりました。
楽しい〜!

動物園にいる動物たちは次にて!。

虹と先生

  • 2018.05.05 Saturday
  • 21:35
先月のこと、近所にお住まいの母校の元先生(農学部)が亡くなったのでは?との不確定な風の便りがありました。
同窓生として同窓会報にも登場して頂き、心温まる存在だった先生です。
信じたくない思いでいっぱい。

それから数日経って、御宅の前にいらっしゃった先生の奥さまと出会えます。
「先生、お元気ですか?」と尋ねると「・・・元気じゃない、その通りよ」との返答がありました。
・・・・ハァ・・・二月やったんか・・・やっぱりか。

そして、今日、供花を持って先生宅を訪れることにします。
タイミング良く奥さまが在宅されていて、お線香をあげることができました。
ちょうど、子どもの日。
ちまきを頂戴して、ゆっくりと奥さまとおしゃべりしました。

昨年からベッドに臥す生活になり、79歳の自称(?)老衰であったそうです。
先生、早いよ〜!

また、さすがに学者というべきか、先生は抜けた歯はそのまま!『身体を使い切る』という信念だったそうです。

もう、笑顔で挨拶することもない。
あぁ、寂しいなぁ。

先生、これまでのご厚意ありがとうございました。

帰りに奥さまから『虹がかかる富士山』の絵はがきを頂きました。
先生が大好きだった虹と富士山です。
そういえば、先生が退職後に立ち上げられたのは『レインボー生物研究所』でしたね。



先生、お疲れさまでした。
今頃、天上で「おーい、懐かしいな」と言って同窓生たちと旧交を暖めていらっしゃるのかな。

合掌。

TOKIO

  • 2018.05.03 Thursday
  • 22:00
駅ビルに立ち寄ってアイスコーヒーを飲んでいますと、スポーツ新聞に目がとまります。



横目で見ながら「ヘェ〜!」
そういえば、会見での松岡くんのコメントには感心したな。
「(当該メンバーは)崖っぷちではなく崖に落ちていることが判っていない」
冷静な男前の意見でした。

でも・・・とある思い出がよみがえります。
あの彼は、こんな人間(男)だったかな・・・?
アルコールに弱かったのかな・・・人気に溺れてしまったのかな!?
16年前、NHK大阪放送局のドラマ収録に立ち合うことがありました。
そのドラマの主役は、その当該メンバー。
目前で収録に挑む彼がいました。
9月の暑い時期であったのに、設定は冬。
コートを着て駅の大階段をダッシュで駆け上がる。
全力!!ファイトいっぱいの彼でした。
暑さを気遣ってスタッフが「涼しい部屋に入って下さいね」と誘導しても、その彼はアイスクールを首に巻いただけでニコニコと会釈して、モニターをずっと覗き込んでいます。
現場を離れない!そのメンバー。
以来、真面目な好印象を持っていましたが・・・変貌したのかな?

その後、その時の話を彼のファンであった女性美容師さんに話すことがありました。
彼女は「そうでしょ!彼はそうなんですよ!」とご満悦な返答をします。
あの彼女は今どう思っているのかな。
憧れのアイドルとして役目を引き受けたんだったら、ファンを失望させちゃいけませんよぉ!
ファンも可哀想だわ。

とにもかくにも、当該メンバーは『浅はか』という一言です。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM