メイちゃんへのエール

  • 2019.05.16 Thursday
  • 20:50
今日、メイちゃんがいた場所に行ってきました。
あぁ・・ここやったんや。
いつもコンデジカメラを携帯しているとは言えど(仔猫を見た)とっさの時は人間力の行動が勝り、カメラを構えるなど余裕はありませんでした。
カメラの機能は写したい状況の時だけを捉えるものなのでしょうね。
静かな時間・・改めてその日の状況を振り返ります。
「あの時の仔猫は、今、幸せに暮らしていますよ!」と、その場所に報告。

そして、メイちゃんが辿ってきた経緯をお知らせする為に飼い主さんへメールをしたためました。
つまり、メイちゃんへのエール!

以下、メールの全文(固有名称は略、写真も減)です。
このメールを猫カフェさんより転送して頂きました。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

メイちゃんの飼い主さまへ

メイちゃんを愛情いっぱいで迎えて頂きありがとうございました。
メイちゃんはラッキーキャットです!
本日、メイちゃんを保護した場所へ行ってきました。



木曜日になっても日曜日のままで懐かしい!
その日、メイちゃんが鳴いていた場所には誰かが置いていた (少し時間の経った)ちゅーるが食べた様子もなくありました。
今もそのちゅーる の形跡が残っています。
写真をご覧下さい。



メイちゃんを保護した場所は江坂にある○○神社の参道脇の 茶色いマンションの入口です。
入口の角っこで丸くなって必死で鳴いていました。

仔猫が鳴いていると教えてくれたのは、若い島木譲二さんタイプの 男性で「ネコ好きな人おらんか、仔猫がおるねん」と横断歩道の ところで声をかけてきたのです。
どうしようかな〜と戸惑いながらも、仔猫を見るや「どうにかなる!」と 仔猫を持ち上げました。
その時、素直に抱っこさせてくれたのでメイちゃんは良い仔猫です。

当日は、町内会で行った江坂散策の終盤でしたので、解散後直ぐに ○○(江坂の次の駅)で下車して○○(猫カフェ)さんへ駆け込んだ次第です。

鳴いているニャンコを保護したのは今回が2回目で、4年前に保護した 1回目の仔猫は我が家におります。
また、先住猫も1匹いますので、優しい○○(猫カフェ)さんを頼りに いたしました。
このような経緯です。

そして、奇跡のような出会い!!
幸せのリレーが繋がったと、うれしさいっぱいです。

メイちゃんを保護した時に住宅地の中から「ニャーニャー」と親猫? 兄妹猫?の鳴き声がしていましたが「メイちゃんは幸せですよ!」と 伝えたい気持ちです。

これからメイちゃんと楽しい日々を満喫して下さいね。
ありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM